*

ヨガインストラクターの資格とは?

 

国家資格はないけれど・・・

ヨガインストラクターの資格って、一般の方は耳にしたことがないですよね。
現状の日本では、ヨガインストラクターには国家資格はありません。
国家資格はありませんが、様々な協会、流派などで資格取得のコースが開講されており、それぞれが発行するディプロマ(修了証)が資格とされています。

国家資格がないので、特別な資格がなくてもヨガを教えることができます。
腕さえ良ければ、資格なしでインストラクターで成功することも可能です。
「私はヨガインストラクターです。」と自分で決めてしまえば、その日からあなたはヨガインストラクターになれます。

しかし、現実問題として、例えばどこかのヨガスタジオでインストラクターを採用する場合、当然資格があった方が有利になります。
採用に当たって、資格を条件にするヨガ教室も多いようです。

また、ヨガインストラクターとして活動する以上、しっかりとヨガについて学んだ上で活動したいと考える人の方が多いのではないでしょうか。
しっかりと学んでいないと、自信を持って生徒さんを教えることもできませんよね。
ヨガに関する知識だけでなく、解剖学的な知識や指導方法など、インストラクターとして活躍するために必要な知識を、資格取得の過程で身につけることができます。

これからヨガインストラクターを目指す人は、一定の勉強と修行することをお勧めします。
資格取得はその1つの手段ですね。

一番メジャーなのは全米ヨガアライアンス

様々な協会、流派などで資格取得のコースがあるとは書きましたが、飛びぬけてメジャーな資格があります。
日本において、そして世界的に見ても、一番知名度のあるヨガインストラクター資格は、「全米ヨガアライアンス」です。

一般の方は、「全米ヨガアライアンスって何?」と思うかもしれません。

全米ヨガアライアンスは、80年代にアメリカで設立された、米国のバージニア州に本拠地を構える世界最大規模のヨガ協会です。
世界70カ国で通用する世界で最も認知されたヨガの代表的な組織です。
そのため、全米ヨガアライアンスの資格があれば、国内だけでなく、海外でもインストラクターとして活躍することが可能になります。
海外でヨガインストラクターとして活躍できるなんて、夢が膨らみますね!

 

全米ヨガアライアンスの資格とは?

全米ヨガアライアンスの資格の種類

全米ヨガアライアンス協会が認定する資格には、次の6種類があります。
①全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)
②全米ヨガアライアンス認定500時間(RYT500)
③全米ヨガアライアンス認定200時間(ERYT200)
④全米ヨガアライアンス認定500時間(ERYT500)
⑤全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ(RPYT)
⑥全米ヨガアライアンス認定キッズヨガ(RCYT)

この中で、インストラクターを目指す人のための資格は、①のRYT200になります。
RYTとは、Registered Yoga Teacherの略で、
200、500は、それぞれ200時間、500時間の学びや指導経験を積んだ時間を表します。
つまり、RYT200は、200時間のヨガインストラクター養成トレーニングという意味です。

ヨガインストラクターとして基本を学び、200時間のうち180時間は直接講師から指導を受ける時間(コンタクトアワー)として定められています。
また、全米ヨガアライアンスの各資格の中で、RYT200は取得者が最も多いライセンスです。
資格取得後、すぐ登録し活動することができます。
1年に1回の更新が必要とされています
(が、更新しない人もいます。それでもアライアンス取得者として公開できます)

RYT200の解説

RYT200の大枠は、下記のように決まっています。
1. ヨガ実践スキル 100時間
2. 指導方法 25時間
3. ヨガ解剖学 20時間
4. ヨガ指導者のためのヨガ哲学,生活,倫理 30時間
5. 実務演習 10時間
ヨガ実践スキルでは、アーサナ(ヨガのポーズ)を基礎編として21アーサナ、応用編として23アーサナ学びます。
その他、プラーナヤーマと呼ばれるヨガの呼吸法や、ヨガの瞑想法、マントラ(祈りを象徴的に表現したサンスクリット語の短い言葉)やマントラを節をつけてうたうチャンティングなど多くのことを学びます。

私の時はアロマについての授業もあり、瞑想に関してもロウソクを使うもの、
さらにダンスしながらの瞑想などあり、お金では買えない体験と智慧をいただきました。

 

指導方法としては、レッスンの構成、流れ、ニーズに応じたクラス作りといった教授法や、ヨガインストラクターとしての心構え、コミュニケーションスキルやサービス精神、ビジネス面から見た求められるインストラクター像などを学びます。

ヨガ解剖学では、物理的な身体構成、心身の浄化システム、生命エネルギーであるプラーナと身体との関係を学ぶプラーナ解剖学(チャクラ・スシュムナ)、アーサナが身体に及ぼす利点について学びます。

ヨガ指導者のためのヨガ哲学,生活,倫理では、インド哲学のヨーガ学派の教典「ヨーガ・スートラ」よりマインドとハートについて学びます。
その他、ヒンドゥー教の聖典のひとつである「バガヴァット・ギーター」、カルマヨーガの無私の奉仕の精神、
インドにおけるヨガの歴史、ヨガの思想などを学びます。

200時間と聞くと大変長い時間に感じますが、学ぶ中身を見ると非常に内容が濃く、200時間という長さも納得できますね。

また、RYT500は、RYT200の上位資格で、さらに300時間の研鑽・研修を積み、ヨガインストラクターとしての専門性を高めます。

ヨガインストラクターを目指す方は、まずはRYT200の取得を目指して、がんばってくださいね。

 

ヨガルミナスでは、スピリチュアルスポットとして有名なバリ島でヨガリトリートを行なっています。
日本人スタッフが現地でサポートしてくれるので、初心者でも安心して参加できるヨガリトリートです。

2020年よりRTY200コースを行う予定です。
ヨガインストラクターをただ作るのではなく、ヨガインストラクターを”育てる!”
を、目標としています。

ルミナスにはヨガインストラクターさんの募集に対する応募がよくありますが、
ヨガ講師として未熟でも人間として立派であれば一緒に成長していけるよう指導・アドバイスもしております。

また逆に、ヨガインストラクターとして活躍されている方でも、人間として、または社会人としてのマナー不足や、
社会人としてのヨガインストラクター的な生き方が出来ていない方はお断りさせていただいております。

生徒さんに愛され、ヨガの本質をいかに上手に伝えていけるかが大事なのであり、
資格だけたくさん持っていてもその人の生き方やマナーが悪いのはインストラクターとして失格です。

そこをも一緒に学び、生徒さんに愛されスタジオ経営やレッスン担当で生活ができるまでになるよう、
ヨガルミナスのRYT200コースでは学んでいきます。

あなたも、魅惑的なバリの自然や神秘的なスポットに触れながら、疲れた心と身体をリフレッシュしてみませんか?
詳しくは、バリ島リトリートのページをご覧ください。

Namaste☆

  • 代表者ごあいさつ

    こんにちわ、世界を巡るバックパッカー・ヨギーニ:Keikoです。

    必ず現地を視察し、ナマの声で情報が届けられるように努力してリトリート企画を作り上げています。

    ヨガが初めての方、海外リトリートが初めての方でも安心して取り組めるよう努力を欠かさず、 日本の方々がもっと気軽に海外に飛び出せるよう、お悩みがありましたら無料コンサルテーションも行っております。

    皆さまとリトリートでお会いできるのを心より楽しみにしております。

  • インストラクターご紹介

  • メルマガ購読希望の方はこちらから登録お願いします